株式会社レックス

株式会社レックス
会社案内
HOME > 会社案内 > ご挨拶

ご挨拶

代表取締役 上坂 行雄
代表取締役 上坂 行雄

私たちレックスは、2020年2月3日で 「創業28周年」を迎えました。
皆様のお陰をもちまして、28周年を迎えられました事を深く感謝申し上げます。
創業以来「木の年輪の様に少しずつ幹を太くしていく年輪経営」を心がけて参りました。
現在28 期(2019年10月31日終了 )が過ぎ、29期目(2019年11月1日~2020年10月31日)に入りましたが、 全期黒字経営を達成してまいりました。28期もおかげ様で、増収増益となりました。28年の間には、困難な事も数多く ありましたが、多くの方々のご支援、ご協力を頂き、何とか無事に経営が出来ました事を深く感謝申し上げます。

 今期は、暖冬による冬物商品の売上低迷、中国発の新型コロナウイルスによる中国商品の不透明さなど、非常に厳しい スタートとなっています。又、自動車市場を取り巻く環境は、大きく変化しています。ひょっとしたら急激な時代変化の中で、自動車関連業種が不況業種になる可能性があります。自動車の部品点数は、現状のガソリン車の2/3になり、国内 販売台数、保有台数も大幅に減少し、自動運転により車の事故が極端に減っていき、修理も減っていきます。造船、石炭、 繊維が不況業種になったのと同じ運命を辿るかも知れません。
車メーカーは、海外に販路を広げて生き残れても、それを今まで支えてきた国内の自 動車関連業種の多くは、生き残れない可能性が高いと思われます。この変化は、1年2年では体感しないかも知れません。
しかし、3年、5年、10年では、激的な変化にさらされると思います。この様な大きな変化の中で、「明日も、今日と同じ仕事をしていたら、未来はないのではないか。」と強く危惧しています。失敗を恐れず積極的にチャレンジしないと、絶対に未来は無いと考えています。「変化への対応」こそが、 生き残れる「鍵」ではないかと思います。

 2017年5月に台湾支店を設立したのも「変化への対応」を考えての事でした。台湾支店では、① 台湾国内の商品の仕入れ、② 台湾国内での販売、 ③ 台湾から海外への輸出を考えています。まだ仲々思うように進んでいませんが、失敗を恐れず、果敢にチャレンジしようと現在進めております。

 20年近く続けてまいりました「カーフレンド」〔顔なじみのお店から買える安心で便利な通販カタログ(BtoB)〕は25万部発行(社名名入れ 2400社)となり、自動車補修市場のみならず、 2輪、建機、農機の市場にも発信できる様になりました。脱自動車こそ、常に頭に入れおかねばなりません。新しいチャンネル、新しい商品(脱自動車を含む)新しい販売手法、常に果敢にチャレンジしていきます。我社と係わりを持った人々に対して、 相互のメリットを最大限にする経営システムを作り、利害関係者との相互の発展を目指していきます。

小さくても強い会社を実現する事で、これからも三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」の精神を大切にし、今まで以上にお客様、販売店様、 仕入先様にご満足頂ける様、努力してまいります。
今後とも、何卒ご指導宜しくお願い致します。

 

2020年2月